ジスロマックは1回飲むだけで性病などに効果をあらわす画期的な薬です。正しい服用方法を知って改善を図りましょう。

歯とたくさんの薬
くだものと薬の瓶

ジスロマックは、世界第1位のアメリカの製薬会社ファイザーが製造販売するニューマクロライド系の抗生物質です。
細菌内の蛋白合成開始複合体と結合する事により、タンパク鎖の伸長を阻害し細菌の発育を阻止するタンパク合成阻害薬ですが、抗炎症作用や活性酸素生成抑制作用なども確認されている医薬品です。
ジスロマックは、ブドウ球菌属やレンサ球菌属、肺炎球菌、淋菌、インフルエンザ菌、クラミジア属、マイコプラズマ属などの治療に処方されています。

ジスロマックの主成分であるアジスロマイシンは、14員環のエリスロマイシンの基本骨格に窒素原子を結合さた事により優れた薬剤移行性と長い半減期を実現しています。
更にジスロマックは、ポリマーからなる粒子径数μm程度の球状膜でアジスロマイシンを包み込むマイクロスフェア製剤を採用する事で、胃で放出する事無く小腸でアジスロマイシンがゆっくりと放出されます。
これにより長い時間にわたり吸収され約68時間を超える長い半減期を実現しています。
その為、従来の抗生物質の様に数日にわたり複数回服用する必要が無く、1回の服用で約7日間薬理効果が持続するとされ、患者の勝手な判断による治療中断が無く治癒率が高くなるとされています。

小腸で吸収されたアジスロマイシンは、好中球や単球などの白血球に高濃度に取り込まれる事により、速やかな薬剤移行性を示します。
血中濃度の10倍から100倍の細胞濃度を実現する事で、従来のエリスロマイシンやクラリスロマイシンなどの抗生物質よりも少ない投与量で同一の効果が得られます。
ジスロマックは、胃で薬剤が分解されない事でヘミケタルの生成が抑制され、エリスロマイシンの様な嘔吐や下痢、腹痛などの副作用が軽減されています。

記事一覧
薬

細菌感染症は昔は死にもつながる大病の1つでした。 しかし、フレミングが微生物からペニシリンを抽出して...

ジスロマックとは抗生剤のことであり、細菌感染による多種多様な炎症を抑えることができるだけではなく最近...

性器へのクラミジア感染は若年化が進んできているのが大きな問題となっており、10代から20代の感染者が...

ジスロマックは細菌性の感染症に有効な抗生物質で、アジスロマイシンを有効成分にした比較的新しいマクロラ...

色々な治療薬

クラミジアは世界中で最も感染率の高い性感染症で、日本だけでも100万人以上が感染していると言われてい...

ジスロマックはクラミジア感染症などを治療できるマクロライド系抗生物質で、非常に高額な飲み薬としても有...

ジスロマックはあらゆる性病に効果的であり、性病の一種のクラミジア感染症にも効く薬として知られており、...