ジスロマックは1回飲むだけで性病などに効果をあらわす画期的な薬です。正しい服用方法を知って改善を図りましょう。

歯とたくさんの薬
  • ホーム
  • 医療現場でのジスロマックの使用減退について

医療現場でのジスロマックの使用減退について

ジスロマックとは抗生剤のことであり、細菌感染による多種多様な炎症を抑えることができるだけではなく最近を倒してくれるということで定番の処方として利用していた医療機関も少なくありません。
特にジスロマックは副作用が少なく子供相手でも利用することができる抗生剤として知られていたため、何の問題もなく利用することができるというところが最大の魅力となっていました。

ところが最近はジスロマックを使用している医療機関は少なくなってきており、その使用頻度も減少している傾向があります。
とはいえまだまだ現役で活躍している抗生剤としても知られているのですが、何故減退しつつあるのでしょうか。
理由として上げられているのは副作用の問題です。
ほとんど副作用がないと知られていたジスロマックですが子供や高齢者、そして妊婦などの免疫力が一時的に下がっている状態で服用すると下痢などの副作用を起こしてしまうことが多く報告されているというところがあります。

下痢は一見すると重篤な副作用では内容に思われがちですが、子供や高齢者などの場合は下痢を起こしてしまうと脱水を引き起こしてしまって重篤な状態になってしまうことも多いです。
妊婦の場合でも下痢になることによって胎児にも影響を与えてしまいかねないというケースは少なくないのです。

このようなことから子供や高齢者、妊婦に対してジスロマックを使用するということは少なくなってきており、ほとんどの場合は若者や中高年など免疫力が低下していない状態の人が対象となっているようです。
ただし若い人であっても服用する際には副作用が出る可能性もあるので、その点を考慮しながら副作用が出たらすぐに医師に相談することが重要となります。

関連記事